今日もワンピースを着よう

ワンピースをいかにコーディネートして着回すかを日々研究中。

【服の断捨離を成功させるコツその4】パーソナルデザインを知る

こんばんは。つばめです。
たった3枚のワンピースだけをメインに生活しています。

kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp

今日は服の断捨離を成功させるコツ第4弾。
パーソナルデザイン診断について書いていきます。
(ちなみに私はプロではありません)




第1弾から第3弾はこちら↓

パーソナルデザイン診断とは?

骨格診断とは違い、外見や仕草などの印象から似合うファッションのテイストを診断するもの。
骨格診断3タイプが基本であるのに対し、パーソナルデザイン6種類8タイプが基本。


パーソナルデザイン診断の方が自分の好きなファッションテイストと近くなるようです。


女性は「ファッショナブル」「ナチュラ」「グレース」「フェミニン」「ロマンス」「キュート」の6種類に分類して診断します。


キュート」タイプのみ「ガーリッシュ」「ボーイッシュ」「アバンギャルド」の3タイプに細分化されますので、パーソナルデザインは<6種類8タイプ>となります。

引用元はこちらのサイト。
イラスト付きでわかりやすいです↓
https://iroyui.com/personal-design/iroyui.com

パーソナルデザインとの出会い

私がパーソナルデザインを知ったのは、骨格診断の自分のタイプについての情報をネットで探していた時でした。
偶然、検索に引っかかったのです。
検索結果の中に『パーソナルデザイン』という文字の入ったサイト。


パーソナルカラーなら知ってるけど、パーソナル『デザイン』?


不思議に思って、そのサイトを見てみました。
それが先ほどご紹介した『いろ結い』さんのサイトです。


f:id:tsubametoame:20180821223954j:plain:w400


私の自己診断による骨格診断タイプはストレート
ストレートタイプに似合うとされるファッションにそれほど不満もなく、これからは忠実に守ろうとしていた矢先の発見でした。


正直、「えっ、まだ他にもあるの?!」と思いました(笑)


ですが、人間同じ人は一人もいないのに3タイプの骨格診断だけで似合う服装を決められるという方が乱暴ですよね。
わくわくしながら、今はまだ数少ないパーソナルデザインの情報も、時間を見つけてはかき集めるようになりました。

自己診断もできる?

一応、できることはできます
ただ、紹介しているサイト自体が少ないです。


3つご紹介させて頂きますので、全てのサイトでの診断結果から判断する方がわかりやすいです。

www.e-mart21.com
ameblo.jp
ameblo.jp


※サイトにより『グレース』が『クラシック』という名称だったり『フェミニン』が『エレガント』という名称だったりします。




とりあえず自己診断してみて、家族や友人にもチェックしてもらい、自分のイメージ他人からのイメージをすり合わせて、


「たぶんこのタイプかな?」


という程度の診断はできます。


より正確に知りたい方は、プロの方にお願いする方が良いです。
その場合は、パーソナルカラー骨格診断全て見てもらえる所を選ぶと、一度で自分に似合う物が確実にわかります。


f:id:tsubametoame:20180821223952j:plain:w400


私は一番上の診断では高確率でフェミニン(エレガント)
真ん中と一番下の診断ではフェミニンが断トツ、少しグレース


わかりやすくて助かりました(笑)


フェミニンの可能性がかなり高いことにちょっとがっかりしました。
昔から「女の子らしい」だの「家庭的だね」だのと周りから言われては、反発していたので;
バリバリかっこよく働きたい性分なので、そういう印象を持たれるのは正直嫌でした


でも、それが私の持つ雰囲気で、ファッションもそうあるべきなのでしょうね。
認めたくはなかったのですが、花柄ワンピースが…やっぱり好きです(苦笑)
ワンピースだけの生活ができるのも、フェミニンなファッションが心の奥底ではずっと好きだったからなのかもしれません。



タイプ別の似合う物

色々探しましたが、こちらのサイトの一覧表がわかりやすいです。

bellefleur.jp



まとめ

この記事を書き始める少し前。
母からファッションの相談をされました。


「もう60歳になったけど、40代に着ていたような服をまだ着てもいいの?おかしくない?」と。


私は、「パーソナルカラー骨格パーソナルデザインが自分に合っているものなら、いくつになっても似合うみたいだよ」
と答え、その後は二人で母のパーソナルデザインのセルフ診断をしました。


上の3つのサイトから、母はキュートボーイッシュが優勢、フェミニンかグレースの傾向もあるかもしれないとわかりました。
ただ、母の場合は選んだ答えが結構バラけていて、素人では判断が難しかったです。
パーソナルデザインはネットの情報もまだまだ少ないですし。


いつかはプロに診断してもらいたいなーと改めて強く思いました。



プロに診断してもらう以外の方法

プロの方に診断してもらうのもいいけれど、いっそのこと自分で知識を身につけてしまうという方法もあります。
それがこちら。




パーソナルカラーアナリスト・イメージコンサルタント養成スクールです。
骨格診断とパーソナルカラーが学べます。


パーソナルスタイリストを目指す方アパレルショップ関係の方が通うような講座…
というイメージがありますが、


自分に似合うファッションを徹底的に知りたい!


というファッションに興味関心の強い方にもぴったりな講座です。


私はよくネットや本でパーソナルカラーなどについて調べていますが、まだ情報が少なくて独学にも限界があります。
こんなスクールに通うことができたら、先生に質問もできます今までの疑問が一気に解消できそうです。


もしも自分で骨格診断やパーソナルカラー診断ができるようになったら、それを仕事にしてしまうことも可能かもしれません。
ファッション好きな私としては、夢が膨らみます…!


無料の資料請求・説明会はこちらから↓

TV各局、女性誌、新聞各紙が大注目 骨格診断ファッションアナリスト養成講座




長くなりましたので今日はここまでにします。
お読み頂きありがとうございました。





自己紹介はこちらをどうぞ↓
kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp