今日もワンピースを着よう

ワンピースをいかにコーディネートして着回すかを日々研究中。

ワンピースの丈を自分で詰める方法

こんばんは。つばめです。
たった3枚のワンピースだけをメインに生活しています。

kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp


今日はワンピースの丈を自分で直す方法についてです。

丈が長いから、と手放すのはもったいない!

よくフリマアプリで、
「気に入って買ったけど丈が長すぎて着られないので出品します」
と説明文に記載してワンピースを出品している方がいます。


それって本当にもったいない!


ワンピースの裾上げは案外簡単にできます


私の身長は150センチ。
大抵のマキシワンピースはそのまま着ると、裾を踏んづける位長すぎます(泣)
なので、マキシ丈の物を買った時は大急ぎで丈詰めをします。


スカラップのように装飾のあるものは裾を切るわけにはいきません。
 エスト位置などを一度ほどいて丈詰めをします。
 洋裁経験者プロのお直し屋さんにお願いする方が良いです。

まずは仕上がり位置を決める

どのやり方で丈詰めをするにしても、まずはここから始めます。
私のやり方ですが、良かったら参考にして下さい。


1.ワンピースを着て、鏡の前横向きに真っすぐ立つ


2.くるぶしあたりの縦ライン位置で、裾がどのあたりにくるのが良いか決め、裾を1箇所内側に折って安全ピンで留める

f:id:tsubametoame:20180822215303j:plain:w300


3.もう一度真っすぐに立ち、鏡を見て確認する


4.ワンピースを脱ぎ、裾を何センチ折ったかを定規で測る

f:id:tsubametoame:20180822215301j:plain:w300


5.安全ピンを外し、測った長さ通りに裾を一周折りながら、まち針で留めていく

f:id:tsubametoame:20180822215302j:plain:w300

手縫いの場合はAの位置、アイロン接着テープの場合はBの位置で留めると楽です。
 Bで留めると上の部分がピラピラ動くので、まち針を外さずにそこにテープを挟んでアイロンを当てられます。

アイロン両面接着テープを使う

f:id:tsubametoame:20180822215305j:plain:w300

一番簡単です。
テープは、洗濯に強いものを選ぶことが大事です。
ワンピースは、アイロンOKな素材であることを確かめて下さい。
透け感のある薄い素材だと、テープが目立つので止めた方が良いです。


私は基本の3枚のワンピースのうち、ブルーグリーンのものはアイロン接着テープで裾上げしました。
いつもはこの後に出てくる手縫いの方法でやりますが、この特殊な色の糸が家になかったので。


毎日のように洗濯しても、今のところはがれてきません。

f:id:tsubametoame:20180822215304j:plain:w300

手縫い

一般的な方法です。
『千鳥がけ』という縫い方でまつっていきます。


このサイトが動画付きでわかりやすいです。

dressmaker.jp


私は黒のワンピースをこの方法でやりました。
(画像だとわかりづらいですが)

f:id:tsubametoame:20180822215300j:plain:w300


裾回りぐるっと一周という長さにめげそうになる方もいるかもしれません。
TVを見ながらとか音楽を聴きながらやると、わりとすぐに終わっちゃいます


コツは生地と同色の糸を使うことと、表に出る縫い目1つ1つを短ーくすること。
もうネズミが縫ったんじゃないかという位の気持ちで、縫っていきます(笑)


まぁでも神経質にならなくても良いと思います。
同じ色の糸であれば、多少縫い目が荒くてもそんなに目立ちませんから。

ミシンで縫う

裾を三つ折りしてミシンをかける方法です。
ワンピースの裾を見て、ミシンの縫い目が一回りある場合はこの方法でも良いです。
ただし、つるつるしていたりサラサラしている素材の時はすべって縫いにくいので、手縫いの方が無難です。

まとめ

せっかく気に入って買ったワンピースです。
是非、自分で直して自分に似合う丈にしてたくさん着て下さい!!




長くなりましたので今日はここまでにします。
お読み頂きありがとうございました。


SHOPLISTでワンピースを探す


自己紹介はこちらをどうぞ↓
kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp