今日もワンピースを着よう

ワンピースをいかにコーディネートして着回すかを日々研究中。

骨格診断とパーソナルデザイン、どっちが正解?!

こんばんは。つばめです。
たった3枚のワンピースだけをメインに生活しています。


kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp


以前、2回に渡って骨格診断パーソナルデザイン診断について書きました。
今日は両者の診断結果矛盾する場合の解決方法の話です。
骨格診断とパーソナルデザインの特徴をもう一度理解することで、自分のファッションにどう取り入れれば良いかがわかります。
(ちなみに私はプロではありません)

骨格診断とパーソナルデザインで診断結果が矛盾する!


私は骨格診断ではストレートタイプ。


『直線的なもの、しっかりした素材が似合う』

とあります。


パーソナルデザイン診断ではフェミニンタイプ。


『曲線的なもの、柔らかい素材のものが似合う』

とあります。




ふむふむ。
…で、一体どっちなんですかーー?!




調べたてでまだまだ知識の浅い私は大混乱。
何とか解決すべく、調べまくりました。


f:id:tsubametoame:20180821223953j:plain:w400

ファッションへの取り入れ方

ネット上をうろつき回り、やっと見つけました!


答えはこのサイトにありました。

ameblo.jp


少し長いので、重要な部分を引用させて頂きますね。


骨格診断


体の骨格からバランスよくスタイルアップする着こなしを提案する診断


パーソナルスタイル診断


体の骨格・顔印象・性格的特徴から体と心にフィット似合うスタイルを提案する診断


つまり、


自分の身体のチャームポイントを引き立たせ、着やせ効果を狙うには、骨格診断


トータルで自分のキャラに合った服装にするには、パーソナルデザイン診断


ということになります。


自分のファッションへの取り入れ方としては、まずパーソナルデザイン診断のタイプがベースになります。
服や小物の形、デザインパーソナルデザインの自分のタイプに寄せます。


次に、どうすればスタイル良く見せられるかを骨格診断のタイプで見ます。
襟の開き具合ベルトの位置、スカートの
トップスボリュームがある方が似合うのか、逆にボトムスボリュームがある方が似合うのか。


などなど。


完璧でなくて良いので、ある程度この両方にマッチするよう意識してコーデを組む。
すると、自分の雰囲気に合い、なおかつスタイルアップして見えるという美味しい所しかないファッションができあがります!


自分の顔にも身体にもコンプレックスしかない私には、この方法は試さない手はありませんでした。
今では新しい服を買い替える時は、常にこの骨格診断とパーソナルデザイン診断のタイプを意識して選んで買うようにしています。



プロに診断してもらう以外の方法

プロの方に診断してもらうのもいいけれど、いっそのこと自分で知識を身につけてしまうという方法もあります。
それがこちら。




パーソナルカラーアナリスト・イメージコンサルタント養成スクールです。
骨格診断とパーソナルカラーが学べます。


パーソナルスタイリストを目指す方アパレルショップ関係の方が通うような講座…
というイメージがありますが、


自分に似合うファッションを徹底的に知りたい!


というファッションに興味関心の強い方にもぴったりな講座です。


私はよくネットや本でパーソナルカラーなどについて調べていますが、まだ情報が少なくて独学にも限界があります。
こんなスクールに通うことができたら、先生に質問もできます今までの疑問が一気に解消できそうです。


もしも自分で骨格診断やパーソナルカラー診断ができるようになったら、それを仕事にしてしまうことも可能かもしれません。
ファッション好きな私としては、夢が膨らみます…!


無料の資料請求・説明会はこちらから↓

TV各局、女性誌、新聞各紙が大注目 骨格診断ファッションアナリスト養成講座



まとめ

骨格診断とパーソナルデザイン診断、どちらかだけでは『良く似合う!』に繋がりません。
両方を意識してこそ、本当に自分に似合うファッションが完成します。
パーソナルカラーも取り入れれば、更に美人度UPです。
美人ではない私は、この3つを取り入れたファッションで『なんちゃって美人』を目指しています(笑)




長くなりましたので今日はここまでにします。
お読み頂きありがとうございました。



自己紹介はこちらをどうぞ↓
kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp