今日もワンピースを着よう

ワンピースをいかにコーディネートして着回すかを日々研究中。

着回しできるカーディガンの色は?【少ない服で着回す】

こんばんは。つばめです。
たった3枚のワンピースだけをメインに生活しています。

kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp

ワンピースとの組み合わせで定番のアイテムと言えば、カーディガン。
私はカーディガンも3枚しか持っていません。
3枚だけでも十分着回しができています。
今日は着回しがしやすいカーディガンについて、私の考えを書いていきます。



ベーシックカラー=黒とは限らない

着回しやすい色として良く言われているのは、黒、白、ネイビー、ベージュなどのベーシックカラーですよね。
中でも黒は何にでも合うとされ、黒のカーディガンをお持ちの方も多いと思います。


でも、考えて見て下さい。
パーソナルカラーのタイプによりベーシックカラーは異なるのです。


黒が似合うのは、残念ながらウィンタータイプの方だけです。
基本的に、スプリング、サマー、オータムタイプの方には似合いません。


実際、スプリングタイプの私の母は黒を着ると本当に酷いです。
より老けてみえるし、顔色も悪くなります。


例えば、パーソナルカラーごとに似合うベーシックカラーを上げてみると。

  • スプリングタイプ

→ブラウン、アイボリー、キャメル、ベージュ

  • サマータイプ

→ネイビー、青みのある白、グレージュ、ココアブラウン

  • オータムタイプ

→カーキ、ダークブラウン、ベージュ、オフホワイト

  • ウィンタータイプ

→黒、青みのある白、ネイビー、チャコールグレー


パーソナルカラーに合わせた自分のベーシックカラーを覚えておくと、失敗がありません。




パーソナルカラーに関する記事はこちら。

kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp



カーディガンはベーシックカラーにするべきなのか

ベーシックカラーばかりが着回しやすいかと言うと、そうでもありません。


合わせる服、例えばワンピースがベーシックカラーばかりの場合は?
ベーシックカラーのワンピースにベーシックカラーのカーディガンのコーデ。
この組み合わせでかっこよく着られる人は良いですが、野暮ったく見えてしまう人もいます。


ワンピースがダークカラーばかりの場合はカーディガンは明るい色を多く持つ方が良いですし、ワンピースが明るい色ばかりの場合はカーディガンはダークカラーを多く持つ方が良いです。


カーディガンと合わせる予定の服の色をチェックして、カーディガンの色を決めることも大切です。


何も、ベーシックカラーにこだわる必要はありません。



私が黒のカーディガンを持たない理由

パーソナルカラーがウィンターの私は、幸いにも黒が似合います。
にも関わらず、黒のカーディガンは持っていません。


いつか必要になったらクローゼットに加えてもいいかな…
と追加候補に上げてはいますが、今のところ必要性を感じないので買う気ゼロです。


その理由は、


春に着ると重いし、冬に着てもやっぱり重いカラーだから。




春コーデに黒のカーディガンは言うまでもなく重たい組み合わせ。
冬コーデには最適だけれど、ただでさえ暗い色合いになりがちな冬コーデにあえて黒のカーディガンを着る必要はない、と考えました。


いっそのこと白やパステルカラーの方が春にも冬にも使えます。
夏の冷房対策に使っても、色が涼しげなので暑苦しいコーデに見えません。


毎日着ているワンピースがダークカラーの方が多めだったことも、カーディガンを明るい色にした理由の1つです。


f:id:tsubametoame:20181007214344j:plain:w400


ただし、問題は秋
秋コーデに白やパステルカラーはちょっと使いにくいです。
他のアイテムを秋素材か秋カラーにしないと、季節感を出しにくいので。


ですので、私は2枚を春カラーにし、1枚を秋カラーにしました。
秋カラーのものは秋冬メインで着ることを想定し、丈もロングにしました。




以下、私のワードローブにある3枚のカーディガンです。

白のVネックカーディガン

f:id:tsubametoame:20190122224629j:plain:w300


ブランド→ grande soeur

ワンピースが暗い色や濃い色の方が多いので、白のカーディガンを合わせると良く映えます。



アイスラベンダーのラウンドネックカーディガン

f:id:tsubametoame:20190122224725j:plain:w300


ブランド→ rienda

riendaの通販サイトはこちら


ラベンダーカラーはかなり使える色!
淡い柔らかい色ですが、紫なので秋にも使える色。
ブラウンやダークグリーンと合わせると、秋コーデに使えます。


ラベンダーが似合うのは、パーソナルカラーがサマータイプの方。
このカーディガンは白に近いごくごく薄い紫なので、ウィンタータイプでもギリギリ似合います。
これよりちょっとでも濃いパステルカラーだと、私には似合わなくなってしまいます(泣)



チョコレートブラウンのロングカーディガン

f:id:tsubametoame:20190122224805j:plain:w300


ブランド→ 3can4on

3can4onの通販サイトはこちら


晩夏から初秋にかけて夏物ワンピースを簡単に秋コーデにしてくれるアイテム。
真冬の今も大活躍中です。
明るい色と合わせれば春コーデでも問題なく使えそうですね。




私が持っているカーディガンはたったこれだけですが、十分オールシーズン着回しができます。
これだけ少ないのはワンピースとカーディガンの組み合わせがあまり好きではないこともありますし、たくさん持つと手洗い洗濯が大変だからということもあります。



まとめ

以上から、着回しやすいカーディガンの色を選ぶポイントをまとめると。

  • パーソナルカラーから自分のベーシックカラーを知っておく
  • カーディガンに合わせたい服の色のトーンを把握しておく
  • とりあえず黒は×


着回ししやすい色というのは、一人一人異なるものだと私は思うのです。
パーソナルカラーや自分のワードローブの色合いにより、着回ししやすい色が決まってきます。
黒説やベーシックカラー説に惑わされず、自分にとって着回ししやすい色を探してみて下さい。




今日はここまでにします。
お読み頂きありがとうございました。



自己紹介はこちらをどうぞ↓
kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp