今日もワンピースを着よう

ワンピースをいかにコーディネートして着回すかを日々研究中。

【服の断捨離を成功させるコツその2】パーソナルカラーを知る

こんばんは。つばめです。
たった3枚のワンピースだけをメインに生活しています。


kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp


今日は服の断捨離を成功させるコツ第2弾。
パーソナルカラーについて書いていきます。
(ちなみに私はプロではありません)



第1弾の記事はこちら↓
kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp

パーソナルカラーとの出会い

私がパーソナルカラーの存在を初めて知ったのは20代前半。
いつも読んでいたファッション雑誌で、パーソナルカラーの特集をやっていたのです。
セルフ診断もできるように色紙もついていました。


今でも大事にファイリングして取ってあります↓

f:id:tsubametoame:20180814234801j:plain:w300

付録の色紙を使って、家族にも見てもらいながら(←ココが大事!)診断しました。


自己診断結果はウィンタータイプ


雑誌の特集では各タイプの色は少ししか載っていませんでした。
なので、ネットでウィンタータイプの色を徹底的に調べ、自分用のカラーチャートを作りました。
しばらくの間は買い物の時に持ち歩いて、欲しいと思ったものが自分に似合う色かどうかチェックしていました。
今はカラーチャートなしでもわかるようになったので、持ち歩かなくなりましたが。


ちなみに特集に携わっていたのは、この本の著者さん↓


『大人の魔法コーディネート [ 七江 亜紀 ]』

大人の魔法コーディネート [ 七江 亜紀 ]

パーソナルカラーとは?

自分に本当に似合う色のこと。
(自分の好きな色とは全然違うこともあります;)


似合う色の服を身に着けると、顔色が良くなったり肌ツヤが良くなったり痩せて見えたりします。


反対に、似合わない色を身に着けると、肌がくすんだり太って見えたりします。


…知らないと恐ろしいですよね!


タイプは、スプリング、サマー、オータム、ウィンターの4種類。
注意すべきなのは、4種類のどれかにぴったり当てはまる人もいれば、この種類のこの色とその種類のその色という風に型にはまらない人もいること。


私は『黒、ネイビー、フューシャピンクが似合うね』と母に以前から言われていたのもあり、診断前から結果の予想はできていました。
各タイプの色紙を顔の近くに当てて診断してみると、ウィンタータイプの色紙の時だけ明らかに顔色がぱっと明るくなりました。


私はウィンターど真ん中です。
ウィンターカラーのアイテムを身に着けていると、似合っていることがわかっているので自分に自信が持てます。

パーソナルカラーは全身じゃないとダメ?

基本的に、顔の近くにくるものは自分のパーソナルカラーでそろえる方が良いです。
主にトップスとストール類。


ボトムスや靴など顔から離れた物は、あまり似合わない色を身に着けても大丈夫と言われています。
ただ、欲を言えば全身に取り入れた方が良いです。


以前、こんなことがありました。
母が忘年会に着ていくスカートが欲しいと言うので、一緒に買い物に行った時のことです。


気に入ったスカートが見つかり、さっそく試着。
試着室から出てきた母を見て…。


うーん、まずまず。


似合わないというほどでもないのですが。
母のパーソナルカラーはスプリング
試着したスカートはチャコールグレー…
オータムやウィンターに似合いそうな色でした。


試しにスプリングに確実に似合う色違いのキャメルのスカートをはいてもらうと…。


何と、顔色も凄く良いし、何だか若く見える?!


顔回りの色にさえ気を付ければ良いと思い込んでいた私には衝撃的でした。


その体験以来、顔から離れた場所のアイテムにもなるべくパーソナルカラーを取り入れるように気を付けています。

自己診断もできる!

自分のパーソナルカラーを確実に知るためには、お金はかかりますがプロに診断してもらうのが理想です。
ただ、私のようにわかりやすいタイプの人もいるので、まずは自己診断からやってみると良いです。


自己診断で注意したいことは

  • 色紙や布を使って診断すること
  • 友達や家族など三者にも見てもらうこと


チャート式で診断できるサイトもあるのですが、おすすめできません。
試しにやってみたところ、自分の思い込みが反映されて正確な診断が出にくいなーと感じました。


パーソナルカラー診断に限っては、実際に色を自分の顔に当てて診断するのが一番です。
この本のように診断シートが付録になっているものが良いです↓


『圧倒的に垢抜ける!運命のパーソナルカラー診断』

圧倒的に垢抜ける!運命のパーソナルカラー診断 大判クロスつき 私が輝く「似合うコスメ」と「似合う服」 (TJ MOOK) [ 二神弓子 ]


自分だけで見ても良くわからない場合もあります。
他の誰かにも見てもらうことが大切です。

プロに診断してもらう以外の方法

プロの方に診断してもらうのもいいけれど、いっそのこと自分で知識を身につけてしまうという方法もあります。
それがこちら。




パーソナルカラーアナリスト・イメージコンサルタント養成スクールです。
骨格診断とパーソナルカラーが学べます。


パーソナルスタイリストを目指す方アパレルショップ関係の方が通うような講座…
というイメージがありますが、


自分に似合うファッションを徹底的に知りたい!


というファッションに興味関心の強い方にもぴったりな講座です。


私はよくネットや本でパーソナルカラーなどについて調べていますが、まだ情報が少なくて独学にも限界があります。
こんなスクールに通うことができたら、先生に質問もできます今までの疑問が一気に解消できそうです。


もしも自分で骨格診断やパーソナルカラー診断ができるようになったら、それを仕事にしてしまうことも可能かもしれません。
ファッション好きな私としては、夢が膨らみます…!


無料の資料請求・説明会はこちらから↓

TV各局、女性誌、新聞各紙が大注目 骨格診断ファッションアナリスト養成講座



まとめ

自分のパーソナルカラーでまとめたワードローブにすると、自分の『好き』と『似合う』の両方がそろったワードローブになります。


「ちょっと派手じゃない?」


とか


「着たことない色だなー」


と思っても、着ているうちにだんだんなじんできて、


「絶対に似合う色を着ているから大丈夫!」


と胸を張って歩けます!


パーソナルカラー診断、してみませんか?




長くなりましたので今日はここまでにします。
お読み頂きありがとうございました。



自己紹介はこちらをどうぞ↓
kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp