今日もワンピースを着よう

ワンピースをいかにコーディネートして着回すかを日々研究中。

【服の断捨離を成功させるコツその1】自分に似合う物を知る

こんばんは。つばめです。
たった3枚のワンピースだけをメインに生活しています。

kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp

今日は私が実践した服の断捨離と、私服の制服化について書きます。



実は、私は3回目の断捨離で今のワンピース派に落ち着きました。
初めからちゃんとプランを練っておけば、こんなに失敗しなかったのに!と悔やんでいます(笑)

そこで、私の経験を元に、服の断捨離を成功させるコツをお話します。
これから服を減らそうとしている方の参考になればと思います。

ゴールを決める

まず、断捨離後にどんなファッションをしたいのかを明確にします。
自分がしたいコーデを決めずに発進すると、私のように何度も断捨離と服の買い替えをしなければならないハメになります。

  • 自分が着ていて楽なファッションがいいか?
  • それとも、本当に自分に似合うファッションをしたいか?
  • コーディネートを考えるのは好きか?
  • それとも、あまり考えたくないか?
  • 流行りには乗りたいか?
  • 乗りたくないか?


コーディネートを考えたくない場合は、割と簡単です。
世のミニマリストさんがやっていることを真似すれば良いのです。


ベーシックなデザインの服。
色も白、黒、紺、ベージュなどのベーシックなものに絞る。
そうすると、どのアイテムも他のアイテムに合わせやすくなります。
あらかじめいくつかコーデを考えて写真を撮っておけば、もう毎朝の服装に悩みません。


自分が楽なファッションが良ければ、アイテムも自分の好みだけでどんどん決めていけば良いです。


f:id:tsubametoame:20180812233501j:plain:w500


流行りに乗るか乗らないかは、決めやすいと思います。
私のように流行りに振り回されることに疲れた方は、乗らないことを選びましょう(笑)


流行を取り入れているからおしゃれとは限りません。
自分に似合っていなければ、好みに合わなければ乗る必要はないと思います。


流行に乗りたい方は、プチプラファッションでそろえると流行りの変化についていきやすいと思います。
こまめな買い替えは必要ですが、それは服の枚数を減らせば減らすほど同じことが起こります。


少ない数を毎日着ていると、消耗が激しいです。
私のメインの3枚のワンピースも、いつすり切れてしまうかハラハラしながら毎日着ています。
けれど、このお気に入りのワンピース達がボロボロになる頃には年齢的に似合わなくなっている可能性もあります。
服の枚数を減らすと、自分と服との両方にとって丁度良いタイミングで買い替え時になるかもしれません。

自分に似合うファッションがしたい場合

そうお考えの方!
私と同じです。

これは断捨離前に徹底的に研究した方が良いです。


その方が近道です!
ファッションが好きな私は、この研究が楽しかったです。


どんな物が自分に似合うのかは、案外簡単に見つかります。
私がまず取り入れたのは、パーソナルカラー診断でした。
次に取り入れたのは、骨格診断
その少し後に存在を知ったのが、パーソナルデザイン診断でした。


私は新しい服を選ぶ時、この3つの診断の考え方をもとに本当に自分に似合う物だけを見つけて買っています。


あともう一つ、顔パーツ診断も参考程度にしています。
こちらは、似合う柄を探す時だけ。

まとめ

今まで数々のミニマリストさんのブログを読みあさってきましたが、自分に似合う服を研究されている方は残念ながら見つかりませんでした。
なので、自力で方法を探しました。
まだまだ研究段階ですが、少しずつわかってきたことを、これからお話します。


難しいことではありません。


取り入れたいものだけ取り入れて、面倒な部分は目をつぶれば良いです。


ゆるーくいきましょう(笑)


これから数回に渡って記事にしていきますね。




クローゼットの整理はメルカリで不要な服を売って、売上金で新品・未使用品を買うことがほとんどです。
メルカリでは新品の物も安く出品されているので、お金をかけずに服の入れ替えをするのにおすすめです。


良かったら会員登録の時に私の招待コードをコピペして使って下さい。
お買い物で使えるポイントがもらえます。


招待コード → JJAAWH


フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ




長くなりましたので今日はここまでにします。
お読み頂きありがとうございました。



自己紹介はこちらをどうぞ↓
kyo-mo-onepiece.hatenablog.jp